INTRO と ENDINGの作り方

✳︎INTRO

2小節 4小節のコード進行

◻︎調性の確立

◻︎リズムの確立

 

曲のテンポ

ノリ groove

雰囲気 mood

調性 key

 

イントロのコードは 次に始まる曲のコードにスムーズに導くようにする

 

□イントロを聴く意識をもつ

□イントロ構成

 

テーマの提示 a

メロディーモチーフ

フレーズの最後の音をメロディーのguide tone にしてバランスをとる  など

(リズム テンポ key)

曲への導入 b

曲の始まりのコードへ

aとちがうbが出てくることで次の提示ができる

 

□イントロの長さ

4 or 8 bars が一般的 

 

□コード進行

基本的なコード進行のバリエーション

曲の中のコードやその雰囲気のコード

(終わりの4 8barsや最初の2barsなど)

 

□基本的なコード

Ⅰ Ⅴ Ⅰ

Ⅰ Ⅳ Ⅰ

Ⅰ Ⅳm Ⅰ

とドミナントモーション Ⅱm7-Ⅴ7 代理コードなど

 

◻︎コード進行

始まりのコードに向かうコード進行をいくつか貯めておく

始まりのコードがⅠ Ⅱ Ⅳ 以外はその曲のキーの1625

 

□pedal point

Tonic pedal 

Dominant pedal

 

□パラレル ハーモニーとメロディーモチーフ

キーに対してのメロディー

 

など

 

✳︎ENDING

曲の流れの雰囲気を持続させる

 

□定番のコード進行

(最終的にはimprovise)

 

曲の終わりの部分で続けるとき

逆循(ぎゃくじゅん)=循環コードの逆

逆循からの終わり方

□ENDING コード

ENDIND トーン

エンディング トーンに対してsoundする ハーモニーをつけること

 

□コード進行

Diatonic chord

Dominant motion

Cromatic

Progression of 3rd

Blue note

Tonic diminish

別のキーに解決

伝統的なエンディング

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です