🎼楽譜の読み方

楽譜の読み方

 

調号(key signature)の正しい読み方

 

調号を見たら 

1.どの鍵盤のドレミファソラシドか 鍵盤で見えること 

2.音名を変化記号を省いて読むこと

 

が大事です

 

調号を見たときに ♭ や # が多いと

読むのを諦める人も多いですが 

 

それは 多くのひとが key Cのハ長調を中心に

♭や#をつけるという 間違った考え方をしているからです

 

例えば

これを読んでください

 

ソラシドレシソ ソラファソミファレ

と読むとおもいます

このとき鍵盤イメージは

この鍵盤の中から選んでいるとおもいます

では

記号♭が6個の譜面の場合も

読みにくくなるとおもいますが

☆音名はそのまま読みます

鍵盤イメージは

の中から選びます

この形を最初にイメージして

ソラシドレミファソと歌いながら弾きます

 

次に譜面のメロディーの

ソラシドレシソ ソラファソミファレ

を当てはめます

こうすると

♭が多くても簡単に弾けるようになります

 

ステップは

1-調号を見る

2-鍵盤のドレミファソラシドのポジションを確認(音名をうたう)

3-♭や#などの変化音を省いた固定音名を歌う

4-ポジションと音名当てはめる

 

です!

 

逆に考えると

を弾くと

この難しそうな譜面を弾いたことになります

 

最後に調号と鍵盤のポジションを載せておきます

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です